久しぶりのがんセンター 定期検査へ行く

久しぶりのがんセンター 定期検査へ行く
   

こんばんわ、kazuです。

ちょっと更新サボってしまいました・・・

いや決してサボっていたのではなく、ちょっと他のことに時間を取られてました。そっちもHP系です。

ちょっとずつ落ち着いてきたので更新頑張ります。

前回の後編を書こうと思っていたのですが、がんセンターの定期検診があったので先にそっちのことを書きます。

定期検診

1度でも癌を患ってしまうと、その癌が治っても定期的に検査をしなければなりません。

癌は再発や転移があるからですね。これが癌の怖いところです。

私の場合も例外ではなく、退院後は月1で検査に行っていました。その辺は闘病編の続きで書きますが、現在は3カ月に1度通院をして検査を受けています。

検査の内容的には基本がレントゲンで、通院何回かに1回はCTやMRIを撮るといった感じでしょうか。

そしてそれらの画像診断の後に主治医と話をして終わりになります。

だいたいがその時の生活のことなどの話をして終わりです。まぁ、今のところ予後が良好だからですが・・・

画像診断

今回の検査はMRIでした。レントゲンだけの時に比べ時間も費用もかかるので正直憂鬱っす。

関連記事→検査、検査、また検査

いつも通り受付を済ませ、レントゲンのブースより1つ奥のMRIのブースへ。

レントゲンもそうですが、MRIの機械もそこらへんの総合病院の比じゃないくらい沢山あります。

待ち始めて5分程度で名前を呼ばれ、着替え(甚兵衛みたいなのに着替えます)を済ませ再び5分ほど待った後にMRIの御鎮座されるお部屋へ。

ちなみにMRIは強烈は磁力を発生するため、金属類は一切身につけることができません。それどころか貼るカイロやヒートテックも不可で、お部屋の前に金属探知ゲートのようなものがありチェックされます。

万一金属でできたものを持っていようものなら物凄い勢いでMRIに向かって飛んでいきます。ウン億円もする機械が壊れることもあるそうです。たまにニュースになっていますね。気をつけましょう。

今回は(というより私の場合は毎回ですが)造影剤を使った検査になりますが、最初は普通に撮影をし、途中で造影剤を注射します。

まぁ、いつもの流れなのですが今回はいつもと違うことが幾つか・・・

まず1つ目。うるせぇ。

いや、以前の記事でも書いた通りMRIってめっちゃうるさい機械なんです。なんですけど、今回の機械はいつもに増してうるさかった・・・

私自身、若かりし頃にバンドなどやっておりまして、爆音には慣れているのですが今回は耐えれ切れないレベルの爆音でした。これって機械によってこんなに個体差あんの?

そして2つ目。めっちゃ磁力を感じる。

これも↑で書いた通り、MRIって強烈な磁力を出すんです。それでも磁力って人間には見えないし感じないじゃないですか。敏感な人は頭が痛くなったりするようですが。

でもそういうんじゃなく、撮影が始まると背中からビリビリするんです。ヤダ、こんなの初めて。

「磁力を浴びてるイメージ」を適当にイメージしたら100人が100人「ビリビリ」を想像すると思うんですが、まんまそれでした。適当じゃなかったんだ・・・

まぁ、それだけです。

めっちゃ元気のいいMRIに当たったと言うお話でした。

主治医の診察

画像診断を終えると次は主治医の診断です。

整形外科のブースに行き受付をしますが、どの程度の混み具合かをクラークさん(科ごとの受付さん)に聞くとまさかの7人待ち。

普通の病院じゃ普通の待ち人数だと思いますが、性質上「初診」というものがなく完全予約制のがんセンターで7人待ちは結構珍しいくらいに多いです。

「野郎、儲けに走って予約を詰め込みやがったな・・・」などとは思わず、近くのカフェへ。MRIですっかり喉がカラカラでしたから。(※MRIにそんな作用はありません)

がんセンターの1階(正面玄関は2階です)にはオープンスペース的なカフェがあります。

ちょうどバラ園の向かいに位置し、ガラス張りの外には一面のバラが鑑賞できます。

この日のみたいに「台風レベルの雨」じゃなければね・・・

そうこうしているウチに受付時に渡されたポケベルが鳴り「診察室付近でお待ちください」の表示が。

早いじゃん。7人もいなかったんじゃ・・・

大体いつも「お近くで」のすぐ後に「お入りください」が鳴ります。いざ診察室へ。

いつもの感じで話をします。私の場合は大体が世間話に近いものですね。最近こんな感じだ、とか、こんなことしてる、とか。あ、ブログを始めたことも言いました。URLは絶対に教えませんが。

画像診断の結果も良好で、患部の骨盤周辺だけでなく広い範囲で見ても癌のようなものは見られないとのこと。

ここで初知りだったのですが、MRIって縦の輪切りもできるんですね。医学の進歩半端ない。

そして1個だけ嬉しいことが。次回からは半年に1度の通院でよくなりました!

次の通院は夏を飛び越して10月ですね。いやぁ素晴らしい(忘れそう)

お会計

以上で全てのプログラムを終了し、帰路へ・・・着きたいのですがその前にお会計です。

今回はMRIだったし怖いなぁ・・・と思っていたら案の定大台に乗っていました。

本日のお会計、10680円也。

うーん、これが一番痛い(笑)

仕方ないんですけどね。命はお金じゃ買えませんから。

細かい違いはあれど大体これが私の定期通院の概要です。

これが退院後は月1から始まり3ヶ月に1度、そして今回やっと半年に1度になりました。

いつまで続くのか、というと死ぬまでだそうです。

最終的には5年に1度になるそうですが、やはり1度癌を発症したからにはずっと検査を続けていく必要があるのだそうです。

みなさまも、くれぐれも身体にはお気遣いください。

「自分に限って・・・」なんてことはありませんよ?私もそう思っていたのですから。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

 
スポンサーリンク
           

現在カテゴリの最新記事