【第16話】リハビリ第3段階。自由に歩き回る。

【第16話】リハビリ第3段階。自由に歩き回る。
   

こんばんわ、kazuです。

寒暖差が半端ないですね。

ようやく風邪が抜け切ったかと思っても、まだまだ油断はできません。

さて、前回は身体にギプスを巻いて、少し動けるようになった私。

(前回のブログはこちら→ギプスを巻いたよ)

今回はそのギプスのおかげでリハビリもステップアップしていきます。

歩く!!

これまでは「例の棒」を往復するだけのリハビリを淡々とこなしてきた私ですが、ギプスを巻くことで次の段階へ進めるようになります。

それは「歩行器を使って歩く」ですね。

リハビリ室の中を歩行器を使ってウロウロウロウロ・・・そして疲れたら歩行器に身を委ねて休む。そしてウロウロウロウロ・・・もちろん私が崩れ落ちた時にフォローするためにリハビリの先生も後ろからついてきてくれます。

これはすごい!手術後の私はこの時まで、自らの意思でなくストレッチャーや「ベンツ」と呼ばれる「寝た状態に近い体勢で乗れる車椅子」で、誰かに動かしてもらっての移動しかできませんでした。(なぜベンツと呼ばれていたのか謎です)

それが「歩行器」を使ってですが、自分の意思で行きたいところに行けるのです!これは感動!

とは言っても、歩行器を使っての歩行はあくまでリハビリであって、それ以外の時間も自由に動けるわけではないんですけどね。

それでもリハビリの内容がステップアップするたびに骨盤が回復しているのを実感し、念願の「退院」が近づいてきます。

実は私、この頃には1つの「目標」を掲げていまして、主治医や看護師さんたちに公言していました。それは・・・

「家で魔裟斗選手の復活試合が観たい!!」

そうなんです。時は2015年の年末。12月も半ばを過ぎた頃でした。

その年の大晦日、魔裟斗選手が1試合限りの復活をし、山本KID選手と対戦するのです。

これは是が非でも観たい!もちろん病院にもベッド脇のテレビがあるので観れるのですが、せっかくの大晦日、せっかくのビッグマッチ・・・せっかくなら「家で」観たいじゃないですか!!

さらに私の大好きなアーティストが紅白出場を決めていたのでこちらも見逃せない!

と、いうわけで私は「やります、やれます、やってみせます」の精神でどんな無茶振りでも受け入れてきました。

皆さんも今後、リハビリをするような病気や怪我をした時には「明確な目標」を持つことをお勧めします。その方が頑張れるし、それがあまりにも無茶な目標でなければ先生様方はその「目標」に向けてスケジュールを立ててくれます。

私の場合、「家で観たい」とは言っても、あくまで「一時退院したい」ということでした。

入院はおよそ3か月ほどになるだろうと言われていたし、実際この頃の感覚でも「あと2週間程度で退院させられてもかなり困る」という状態でしたから。

なので年末年始だけでも「ベッドの上から動かない」前提で家に帰りたいと思っていたのです。

かくして私のわがまま偉大なる目標のためにリハビリは進められるのでした。



スポンサーリンク

その頃の生活は

私にとって非常に嬉しいことが起こります。

それは「コーヒー解禁」です!!

主治医「水分を1日2リットル飲みなさい。そうすれば首からの栄養チューブを抜いてしんぜよう」

私「やります!やれます!やってみせます!」

というわけで首からのチューブが抜けたのですが(ほとんど動かない生活で2リットルはかなりキツかったけど)それと同時に念願のコーヒーを飲めるようになりました。嬉しい!!

まぁ、1日1杯ですけどね。それでもおよそ3週間ぶりのコーヒーは私の鼻と舌と胃袋を悦ばすには充分でした。

もの凄く余談ですが、静岡がんセンターの中はだいたいどこにいてもコーヒーが香っています。

B1にあるミニストップの淹れたてコーヒーの隠しきれないステマの影響なのですが、それが辛うて辛うて。

そしてギプスの状態に慣れてきたこともあり、ベッドでは自力で横を向ける程度になりました。

長時間横を向いてると痛みや痺れが出るのですが、それでもずっと仰向けに比べるとすごく身体が楽になったのを覚えています。

手術後には「手術痕からドレーン」「背中に麻酔」「腕(手の甲)には点滴」「首には栄養チューブ」「〇〇〇からは導尿カテーテル」と、チューブだらけの身体でしたがそれもついに残り2つ。「点滴」と「導尿用カテーテル」だけになりました。身軽な日も近づいてきましたな。

ベッドの傾斜は相変わらず「緩やかな坂」だったので、勉強しようにも机に向かえず、結局はスマホでゲームばかりの毎日でしたが。今思えば横になっていても勉強くらいできるのだから頑張ればよかったとかなり後悔しています。

ちなみにこの頃やっていたゲームは「dqmsl」「FFBE」「マイクラ」などですね。

マイクラは結局かなりハマってしまって、退院後にはPS4で本格的に取り組んでしまいかなりの時間を奪われました。(自業自得)

今戻れたら・・・とは言いません。なんせ人生で一番辛い2週間でしたから。ですが今後の人生でもしもまた入院することがあったら、もっと時間を有意義に使いたいですね。入院しないのが1番なのですが。

(関連記事→入院中の時間の使い方で、その後の人生は大きく変わる)

さてさて、大きな目標に向かってリハビリ邁進の日々ですが、次回さらにもう1歩進んでいきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、また。

続きを読む→第17話「非日常が日常」

 

 
スポンサーリンク
           

闘病カテゴリの最新記事